忍者ブログ
競馬予想をナビゲートします
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

阪神ジュベナイルフィリーズと中日新聞杯の簡単なデータ②。鉄板軸馬の成績。
○ 「鉄板軸馬」の成績。 複勝率 90% (359R / 400R)


○ 「混戦馬券術」 ← 現在16戦10勝 的中率 約62,5% 重賞レース現在 3戦3勝 的中率100%
「馬券に役立つ資料室」  ←NEW 
「メルマガ、バックナンバー 一覧」 

○ 「予想」=「馬券」ではない
○ 「2強馬券術」   
○ 「ハンデ重賞の鉄則馬」
○ 「馬券の方程式」
「圧倒的1番人気、攻略データ」 ←NEW(10月22日アップ)
○ 「???」今後の公開予定
○ 「???」今後の公開予定
○ 「???」今後の公開予定 




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
超有名サイト「激走!データ競馬ブログ」で私の「混戦馬券術」が紹介されました。
掲載記事はコチラ→ http://gekisokeiba.livedoor.biz/archives/51449720.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



重賞レース予想を無料でGet!!  メールアドレスを入れるだけでOK

シンクタンク 
→ デジ馬.com
→ 「CHECKMATE」
→ 【オーナーズインサイド】
→ 【馬券の女王】
→ 【馬帝】
→ 【競馬NAVI】
→ 【満開競馬】
→ 「馬券選定師」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1日1クリック ランキングサイトにご協力をお願い致します
   ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 競馬ブログへ  
競馬検索&ランキング【競馬予想サーチ】
うまりんく+-競馬サイト検索- 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







こんばんは

昨日に引き続き、今週の重賞で馬券に役立ちそうなデータをまとめておきます。
今回はハンデ重賞の鉄則馬が3頭 該当しました



阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)阪神芝1600m 2歳


① 1番人気がそこそこ良い成績です。
  1番人気(3-1-2-4) ですが・・・ 私は消しの予定です。

② 好走する目安は→ 前走2番人気以内





牝馬の2歳戦のG1。前走までにしっかりと成績を残せているだけの
完成度も必要。
「叩き良化型」では、G1には手が届かない。


③ 前走「 人気ブログランキングへ」は
  過去に例外なく、すべて、着外。    軽視が妥当でしょう。




「」内は人気ブログランキングの
サイト説明欄に記載してあります。
現在のランキングはブログのトップページの右側に
表示してあります。

参考までに現在22位前後です。
     ↓↓↓
人気ブログランキングへ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







中日新聞杯(G3)中京芝2000m 3歳上 ハンデ

① ハンデ重賞の鉄則馬
② 馬券の中心は「FC2 Blog Ranking


「」 内は FC2 Blog Ranking のサイト説明欄に記載してあります。
現在のランキングは9位前後です
↓↓↓
FC2 Blog Ranking
---------------------------------------------------------------




さて、その中日新聞杯のハンデ重賞の鉄則馬ですが
出馬表を確認したところ3頭、該当しました。

①イケトップガン
②ダンスアジョイ
ブログランキング【くつろぐ】


この中から、当日のオッズを確認して本命を決めます。

相手は当然、鉄板軸馬2頭へ流します。

「」 内は ブログランキング【くつろぐ】 のサイト説明欄に記載してあります。
現在のランキングは41位ですが
急上昇している可能性があります。
↓↓↓
ブログランキング【くつろぐ】
----------------------------------------------------------------





最後に先週の鉄板軸馬の詳細です。
↓↓↓

2008,12,6 土曜日の中山開催 8R/9R  複勝率 89%


1R    8番 16番 --- 16番(1着)
2R   12番 15番  --- 15番(1着)--- 12番(2着)
3R    4番 7番 --- 4番(3着)
4R         なし
5R         なし
6R    2番 7番 --- 2番(2着)
7R    5番 15番 --- 5番(1着)--- 15番(3着)
8R    4番 13番 --- 13番(1着)
9R    4番 16番  --- 4番(1着)
10R   4番 8番  --- 8番(2着)
11R  10番 13番 はずれ
12R       なし

2008,12,6 土曜日の阪神開催 7R/10R  複勝率 70%


1R    5番 13番  はずれ
2R   13番 15番  --- 15番(1着)
3R    2番 5番 --- 5番(1着)
4R   11番 12番 --- 11番(1着)
5R          なし
6R    1番 8番 はずれ
7R   13番 15番 --- 15番(3着)
8R   11番 15番 --- 11番(2着)
9R          
10R   8番 9番  はずれ
11R  13番 16番 --- 16番(1着)--- 13番(2着)
12R 5番 12番 --- 12番(2着)


2008,12,7 日曜日の中山開催 9R/9R  複勝率 100%

1R    4番 10番  --- 4番(3着)
2R    5番 11番  --- 11番(1着)--- 5番(3着)
3R    8番 11番 --- 11番(1着)--- 8番(2着)
4R    3番 10番 --- 3番(1着)--- 10番(2着)
5R         なし
6R         なし
7R    3番 10番 --- 3番(1着)--- 10番(2着)
8R    3番 12番 --- 3番(1着)--- 12番(3着)
9R    5番 11番  --- 5番(2着)
10R   3番 12番  --- 12番(2着)
11R        なし
12R 8番 11番 --- 11番(2着)


2008,12,7 日曜日の阪神開催 7R/9R  複勝率 78%


1R    2番 14番  --- 14番(1着)
2R    9番 12番  --- 9番(3着)--- 12番(1着)
3R    5番 15番 --- 15番(3着)
4R        なし
5R    3番 9番 はずれ
6R        なし
7R    8番 9番 --- 9番(1着)--- 8番(2着)
8R    5番 6番 --- 6番(2着)
9R    1番 8番  --- 8番(1着)--- 1番(3着)
10R         なし
11R  6番 7番 --- 6番(3着)
12R 3番 15番 はずれ





2008.12.06 土曜日の中山開催  8R/ 9R  複勝率 89%
2008.12.06 土曜日の阪神開催  7R/10R  複勝率 70%
2008.12.07 日曜日の中山開催  9R/ 9R  複勝率 100%
2008.12.07 日曜日の阪神開催  7R/ 9R  複勝率 78%

合計 31R / 37R 複勝率 84%でした。


主に目立った鉄板軸馬はコチラでした

-------------------------------------------------------
2008.12.06 土曜日の中山開催
↓↓↓
中山 3Rで 4番リシュアル 4番人気3着
中山10Rで 8番セイクリッドバレーが6番人気2着
-------------------------------------------------------


2008.12.07 日曜日の中山開催
↓↓↓
中山9Rで 5番コリコパットが6番人気2着
-------------------------------------------------------


2008.12.07 日曜日の中山開催
↓↓↓
阪神9Rで 1番ラインブラッドが4番人気3着
-------------------------------------------------------


詳細は今週中にブログにアップします。





今週は成績がイマイチでした。

これで全成績が359R/400Rで複勝率 約90%です。

来週の「反動」に期待しましょう


今日は簡単な更新にしておきます。

以上です。

------------------------------------------------------------------








先週からブログでは、鉄板軸馬を合計3レース前後公開します。

そして、現在、鉄板軸馬の全レース公開を「まぐまぐプレミアム」から
配信していますが、びっくりするぐらい、
多くの方が、お申込みをされていました。
そりゃ、有馬記念まで無料ですからね~
ブログや無料メルマガを見るより、ラクですよね。

今日からお申込みをされても、有馬記念までは
「無料期間」がありますので、気軽に購読して下さい。
そして、有馬記念が終わったところで
購読を解除されれば、購読料はかかりませんので
ご安心を。

全レースを見たい方はコチラからどうぞ。
  ↓↓↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/74/P0007459.html





鉄板軸馬って何?って方はコチラをどうぞ
↓↓↓
http://ninjakeiba.blog.shinobi.jp/Entry/298/

------------------------------------------------------------------------









重要なお知らせです。

鉄板軸馬の全開催の全レース配信を希望される方が多くなってきました。
そこで、12月5日金曜日の夜から、有料配信のまぐまぐプレミアムから
全レース配信をやることになりました。

それに伴い、ブログやメルマガでの鉄板軸馬の公開を
3R~4R程度(メインレースを含む)に変更したいと思います。

さて、その全レース配信の気になる配信料は
お手頃価格の2000円(税込み2100円)とさせて頂きました。

そして、このまぐまぐプレミアムは「申込当月無料」という特典がありますので
今からお申し込みをされても、12月5日からスタートなので
12月末までは「無料期間」となります。

つまり、有馬記念までは、無料で全レース配信を購読できることになるのです。

このお得なチャンスを逃さないで下さいね。

そして、この「申込当月無料」というのは、「1ヶ月間」ではありませんので
お間違えのないようにお願い致します。
あくまで、お申込みをされた月の月末まで、無料という意味です。
詳しくはコチラをご覧下さい
   ↓↓↓
http://premium.mag2.com/aboutcampaign.html


これからまだまだ熱いG1も続きますので、是非、このお得な無料期間を
フルに使って、全レース配信をお楽しみ頂ければと思います。

お申し込みはコチラからどうぞ
      ↓↓↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/74/P0007459.html



--------------------------------------------------------------
☆☆☆☆ 注意事項 ☆☆☆☆

無料期間が過ぎると課金になりますので
くれぐれも、ご注意下さい。

なお、購読希望や解除に関しては、ご自身でお願い致します。
--------------------------------------------------------------









それでは、今週の「鉄板軸馬」の公開予定です。
ブログ、メルマガでは3R~4R程度。
全レース配信は「まぐまぐプレミアム」からの配信になります。
     ↓↓↓
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/74/P0007459.html


 ブログ→ 土日の中山開催
メルマガ→ 土日の阪神開催
まぐまぐプレミアム→ 土日の全レース配信(有馬記念まで無料期間あり)

ご興味のある方は無料メルマガのこちらでもご覧になれます。
また、不定期ですが混戦馬券術も公開しています。
          ↓
http://archive.mag2.com/0000267499/index.html


---------------------------------------------------------------------




○相互リンク募集中




______________________

 ☆ 私が使っている重賞データと指数 ☆
______________________

私が現在、使っている重賞データと指数です。
これ以外は使っていません。
これだけで十分です。

激走!データ競馬ブログ」
無料版「今日の消去馬&推奨馬」
有料版「今日の消去馬&推奨馬」
高確!データ競馬

詳細はコチラ→ http://gekisokeiba.livedoor.biz/
_____________________

馬券のヒントが山積み!宝の山です。
ブックマーク必須→ http://at-a-gallop.net/
_____________________



○相互リンク募集中
○japanese text only
○リンクフリー、トラックバックフリー
トラックバックについて、競馬に関係のない記事や
このサイトに不適当と判断した場合は削除させて頂きます。
ご了承下さい。


■このサイトについて。

コメント大歓迎!!・・・ですが

連日 道中かかりっぱなしのため
折り合い付かず 返信期待できません… m(_ _)m


馬券の購入は すべて自己責任でお願い致します。
----------------------------------------------------------------






武豊騎手の歴史①はコチラです。

以下、ウィキペディア(Wikipedia)から引用しています。

↓↓↓

現在JRAのトップ騎手であり、数々の記録を持ち「天才」と呼ばれることも多い。

妻は元タレントの佐野量子。

武一族の出自は鹿児島の武家(薩摩藩士)であり、日本でも有数の競馬一族の出自である。

父の邦彦は、「名人」や「ターフの魔術師」の異名で知られる元騎手で現在調教師。
弟の幸四郎も騎手。
兄(次男)の伸はスポーツライター。
祖父の武芳彦は馬主協会元会長。
父の叔父に武輔彦元調教師、武富三元騎手、武平三元調教師。
父の従兄弟に武宏平調教師、武永祥調教助手。
はとこに武英智騎手(武永祥の長男)。
父の従姉妹の夫に作田誠二調教師。
父の従兄弟に武勇武牧場前代表。
曽祖父の武彦七は函館にあって馬の世界で名を残した功績者である。また、日本のホースマンの始祖とされる函館大経の直弟子の一人。また、彦七の兄は明治・大正にかけての実業家・代議士の園田実徳で、その娘婿は西郷寅太郎、寅太郎の父は西郷隆盛である。
金勝小学校、栗東中学校、競馬学校(3期生)を経て1987年にデビュー(同期生に蛯名正義)。同年にトウカイローマンで京都大賞典に勝利すると、以来毎年重賞を勝ち続けている。GIでは、1988年に菊花賞で優勝したのを皮切りに、21年連続で、つまりデビュー初年度を除く全ての年でGI競走を制覇している。デビュー以来「競馬の祭典」と言われる東京優駿(日本ダービー)には縁が無く、勝利を挙げられずにいたが10年目の1998年にスペシャルウィークで初勝利し、同時に史上2人目の八大競走完全制覇を達成。翌年(1999年)もアドマイヤベガで制し、史上初の連覇を達成した。2005年までにタニノギムレットとディープインパクトで勝利し、通算4勝は中央競馬最多である。現在、日本を含め5ヶ国でG1を勝利している。

デビューした1987年と1991年、並びにフランスへ長期海外遠征を行った2001年を除き毎年コンスタントに年間100勝以上のペースで勝ち続け、2003年から年間200勝を3年連続で記録。

2002年2月24日の中山競馬第3競走で落馬し、骨盤を骨折して全治3 - 6ヶ月といわれた重傷を負ったが、わずか2ヵ月後の4月20日に復帰。その回復力は関係者やファンを驚かせた。それから1ヶ月後の5月26日には、この年の東京優駿(日本ダービー)をタニノギムレットで制して史上初の東京優駿(日本ダービー)3勝目を飾っている。

2008年11月3日現在で、JRAGI競走通算62勝。50勝目はディープインパクトが無敗でクラシック三冠を達成した2005年の第66回菊花賞である。他に、地方交流GIおよびJpnI競走を16勝(うちJpnI3勝)、海外GI競走を7勝。

未勝利の国内平地GIおよびJpnIはヴィクトリアマイル(2006年に新設)、マイルチャンピオンシップ、朝日杯フューチュリティステークス(以上JRA主催分)、かしわ記念(2005年より統一GIに昇格し現・統一JpnI、船橋競馬場で開催。なお、統一GIII時代の1997年にバトルラインで優勝)の4競走のみである。


[編集] 成績

[編集] 記録年表
1987年
栗東・武田作十郎厩舎所属でデビュー(同期に蛯名正義、塩村克己ら)。初騎乗は3月1日 1回阪神2日目第4競走でアグネスディクター(15頭中2着)。初勝利は、3月7日 1回阪神3日第3競走のダイナビショップ。その後、勝ち星を積み重ね、加賀武見の持っていた新人記録の58勝を上回る69勝を挙げた(なお、この記録は2008年に三浦皇成によって21年ぶりに更新された(11月24日現在84勝)。
1988年
4月16日に史上最速・最年少(19歳1ヶ月)でJRA通算100勝達成。菊花賞でスーパークリークに騎乗し初GI勝利にして史上最年少(19歳8ヶ月)でクラシック制覇。
1989年
3月4日に史上最速・最年少(19歳11ヶ月)でJRA通算200勝達成。
11月25日に史上最速・最年少(20歳8ヶ月)でJRA通算300勝達成。
1990年
8月5日に史上最速・最年少(21歳5ヶ月)でJRA通算400勝達成。
1991年
7月21日に史上最速・最年少(22歳4ヶ月)でJRA通算500勝達成。
アメリカ・サラトガ競馬場のセネカハンディキャップ(G3)でEl Senor(エルセニョール)に騎乗し、初めての海外グレード競走(およびグループ競走)制覇。
1992年
武田作十郎調教師の定年による厩舎解散に伴い、フリー転向。
天皇賞(春)でメジロマックイーンに騎乗し、史上初の同一競走4連覇を達成。
8月29日に史上最速・最年少(23歳9ヶ月)でJRA通算600勝達成。
1993年
4月17日に史上最速・最年少(24歳1ヶ月)でJRA通算700勝達成。
桜花賞(ベガ)・皐月賞(ナリタタイシン)・優駿牝馬(ベガ)と春のクラシックを3連覇。
1994年
1月6日に史上最速・最年少(24歳10ヶ月)でJRA通算800勝達成。
フランス・ロンシャン競馬場のムーラン・ド・ロンシャン賞でスキーパラダイスに騎乗し、JRA所属の騎手としては初めての海外G1勝利。
9月11日に史上最速・最年少(25歳5ヶ月)でJRA通算900勝を朝日チャレンジカップ(騎乗馬ツルマルガール)で達成。
1995年
7月23日に史上最速・最年少(26歳4ヶ月)でJRA通算1000勝を父、武邦彦管理馬のエールノコイビトで達成。
1996年
4月1日に史上最速・最年少(27歳1ヶ月)でJRA通算1100勝達成。
11月9日に史上最速・最年少(27歳7ヶ月)でJRA通算1200勝達成。
1997年
6月28日に史上最速・最年少(28歳3ヶ月)でJRA通算1300勝達成。
北九州記念でダンディコマンドに騎乗、史上最速・最年少(28歳4ヶ月)でJRA重賞通算100勝達成。
函館3歳ステークスでアグネスワールドに騎乗、史上2人目の中央競馬全10場重賞制覇達成。
1998年
1月24日に史上最速・最年少(28歳10ヶ月)でJRA通算1400勝達成。
東京優駿(日本ダービー)でスペシャルウィークに騎乗、東京優駿(日本ダービー)初制覇を果たすとともに保田隆芳以来30年ぶり史上2人目となる八大競走完全制覇達成。
フランス・ドーヴィル競馬場のモーリス・ド・ゲスト賞でシーキングザパールに騎乗し、日本調教馬初の海外G1制覇に導く。
8月23日に史上最速・最年少(29歳5ヶ月)でJRA通算1500勝達成。
1999年
3月28日に史上最速・最年少(30歳1ヶ月)でJRA通算1600勝達成。
東京優駿(日本ダービー)でアドマイヤベガに騎乗、史上初となる日本ダービー連覇達成。
10月30日に史上最速・最年少(30歳7ヶ月)でJRA通算1700勝達成。
2000年
4月23日に史上最速・最年少(31歳1ヶ月)でJRA通算1800勝達成。
ジュライカップをアグネスワールドで勝利し、近代競馬の発祥地英国での初G1制覇。
2001年
1月13日に史上最速・最年少(32歳7ヶ月)でJRA通算1900勝達成。
2002年
東京優駿(日本ダービー)でタニノギムレットに騎乗、史上初となる東京優駿(日本ダービー)3勝目。
9月21日に史上最速・最年少(33歳6ヶ月)でのJRA通算2000勝達成。
12月7日、阪神競馬場にてJRA新記録、世界タイ・レコードとなる1日8勝を記録(1日に複数の競馬場での掛け持ち騎乗が認められている欧米では、1987年にクリス・アントレーがアケダクト競馬場とメドウランズ競馬場で1日に14戦して9勝を挙げている)。
2003年
3月21日に史上最速・最年少(33歳11ヶ月)でJRA通算2100勝を達成。
9月14日に史上最速・最年少(34歳5ヶ月)でJRA通算2200勝を達成。
11月16日にエリザベス女王杯でアドマイヤグルーヴに騎乗、同競走3連覇達成。
JRA史上初の年間200勝達成(最終的には204勝)。
年間通じて、JRA・地方における全GIに騎乗。
騎手としては初めて東京競馬記者クラブ賞・関西競馬記者クラブ賞を同時受賞。
2004年
2月15日に史上最速・最年少(34歳10ヶ月)でJRA通算2300勝を達成。
8月22日に史上最速・最年少(35歳5ヶ月)でJRA通算2400勝を達成。
11月14日にエリザベス女王杯でアドマイヤグルーヴに騎乗、史上初となる同競走4連覇達成。
12月8日海外通算100勝を達成。
12月12日・中山競馬場にて2003年に達成して以来史上2回目、中央競馬史上初の2年連続で年間200勝を達成、前年に自ら記録した204勝の年間最多勝利記録を更新する211勝で、一年を終えた。
2005年
1月23日に史上最速・最年少(35歳10ヶ月)で岡部幸雄以来中央競馬史上2人目となるJRA通算2500勝を達成。
2月26日、アーリントンカップにビッグプラネットで優勝し、中央競馬史上初の重賞競走通算200勝を達成。
3月27日、中京競馬場で行われた高松宮記念にアドマイヤマックスで勝利し、JRAのGI競走が行われた全ての競馬場でGI勝利。
5月29日、東京優駿(日本ダービー)でディープインパクトに騎乗、史上初で自らの記録を更新する東京優駿(日本ダービー)4勝を達成、また同競走の勝利により、年間100勝最速記録を更新。
7月17日にJRA2600勝を史上最速・最年少(36歳4ヶ月)で達成。9月4日、小倉2歳ステークスをアルーリングボイスで優勝。史上初の同一年小倉開催平地重賞完全制覇達成。9月17日から9月24日にかけて、騎乗機会連続7連勝達成(24日第9競走)。
9月24日、1日の騎乗機会6連勝のJRA新記録を達成。
10月23日、ディープインパクトの三冠(史上2頭目の無敗三冠)達成で自身も初の同一馬による三冠ジョッキーとなると同時にGI通算の50勝も達成。
11月26日、ジャパンカップダートにカネヒキリに騎乗して優勝、JRAのGI年間6勝の新記録達成。またこの勝利で前人未到の3年連続年間200勝。
12月18日、阪神牝馬ステークスにアドマイヤグルーヴに騎乗して優勝し、年間重賞勝利23勝とし、自らの記録を上回る新記録を樹立。
年間勝利数を212とし、前年の自らの最多勝記録を更新。
2006年
1月8日の京都競馬第9競走にてJRA2700勝を史上最速・最年少(36歳10ヶ月)で達成。7月23日の小倉競馬第12競走にてJRA2800勝を史上最速・最年少(37歳4ヶ月)で達成。
2007年
4月21日の京都競馬第7競走にてJRA2900勝を史上最速・最年少(38歳1ヶ月)で達成。
7月21日小倉競馬場で、通算14104回目の騎乗となる最終第12競走での勝利で2944勝目を挙げた。これにより岡部幸雄が持っていたJRA歴代最多勝記録2943勝を更新、小倉ターフ賞も初受賞した。
8月11日、アスコット競馬場で行われた世界4チーム・地域対抗「シャーガーカップ」に世界選抜チームの一員として出場、アスコット競馬場で日本人騎手初優勝達成。連対率4割を残し、世界選抜を総合優勝に導いた。
10月28日にメイショウサムソンで天皇賞(秋)を制し、保田隆芳に並ぶタイ記録の天皇賞10勝目をマークする。このレースで3000勝にリーチをかけていたが、11月3日の京都競馬第1競走でスカイビューティーに騎乗し、3000勝を達成。この時のインタビューで、「(第1競走で)あっさり勝ってすみません」とコメントした。
11月24日、第8回ジャパンカップダートをヴァーミリアンで優勝し、JRAGI/JpnI通算60勝を達成。3年ぶり8度目となる関西競馬記者クラブ賞を受賞。
2008年
6月18日川崎競馬場で行われた関東オークスにて白毛馬のユキチャンに騎乗。白毛馬初となる重賞勝利を収めた。
10月18日の京都競馬第5競走にてブルーデライトで優勝し、岡部幸雄の持つ18646回騎乗に次ぐ、中央競馬史上2人目となるJRA通算15000回騎乗を達成。
11月2日、東京競馬場での第138回天皇賞競走をウオッカで勝利し、天皇賞通算11勝目を挙げて保田隆芳を抜いた。
11月3日前日の天皇賞をウオッカで翌日のJBCクラシックをヴァーミリアンで制覇し、日本人騎手では初となる二日連続GI・JpnI勝利という快挙を決めた。いままでの国内二日連続GI・JpnI勝利騎手はマイケル・ロバーツ(1998年朝日杯3歳ステークス(アドマイヤコジーン)とダービーグランプリ(ナリタホマレ))とランフランコ・デットーリ(2002年ジャパンカップダート(イーグルカフェ)とジャパンカップ(ファルブラヴ))の2人で、通算3人目になる。

[編集] 成績表
年 勝利数・連対率 表彰歴
1987年 69勝 (.238) JRA賞(最多勝利新人騎手)
1988年 113勝 (.306) 史上最年少関西リーディングジョッキー
1989年 133勝 (.340) JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手)
1990年 116勝 (.324) JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手)
1991年 96勝 (.291) 優秀騎手賞
1992年 130勝 (.345) JRA賞(最多勝利騎手)
1993年 137勝 (.392) JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手)・フェアプレー賞
1994年 134勝 (.388) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手)
1995年 134勝 (.343) JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手)
1996年 159勝 (.340) JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手)
1997年 168勝 (.371) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)・フェアプレー賞
1998年 169勝 (.366) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)
1999年 178勝 (.396) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)・フェアプレー賞
2000年 130勝 (.362) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)
2001年 65勝 (.315) -
2002年 133勝 (.435) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)・フェアプレー賞
2003年 204勝 (.384) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)
2004年 211勝 (.372) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)
2005年 212勝 (.398) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)
2006年 178勝 (.375) JRA賞(最多勝利騎手・最高勝率騎手・最多賞金獲得騎手・騎手大賞)
2007年 156勝 (.372) JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手・特別賞)、関西スポーツ賞

※なお、表中には特に表さなかったが、全ての年で優秀騎手賞も受賞。


[編集] GI・JpnI競走勝利一覧及び当該競走における騎乗馬(年度別)
(カッコ内は騎乗馬名。また、斜字は統一GI・JpnI、太字は海外GI、:*印はJpnIを指す。)

1988年
菊花賞(スーパークリーク)
1989年
桜花賞(シャダイカグラ)
天皇賞(春)(イナリワン)
宝塚記念(イナリワン)
天皇賞(秋)(スーパークリーク)
1990年
天皇賞(春)(スーパークリーク)
安田記念(オグリキャップ)
スプリンターズステークス(バンブーメモリー)
有馬記念(オグリキャップ)
1991年
天皇賞(春)(メジロマックイーン)
1992年
天皇賞(春)(メジロマックイーン)
1993年
桜花賞(ベガ)
皐月賞(ナリタタイシン)
優駿牝馬(ベガ)
宝塚記念(メジロマックイーン)
1994年
桜花賞(オグリローマン)
ムーラン・ド・ロンシャン賞(スキーパラダイス)
阪神3歳牝馬ステークス(ヤマニンパラダイス)
1995年
安田記念(ハートレイク)
優駿牝馬(ダンスパートナー)
1996年
優駿牝馬(エアグルーヴ)
菊花賞(ダンスインザダーク)
1997年
NHKマイルカップ(シーキングザパール)
宝塚記念(マーベラスサンデー)
天皇賞(秋)(エアグルーヴ)
1998年
桜花賞(ファレノプシス)
東京優駿(スペシャルウィーク)
秋華賞(ファレノプシス)
モーリス・ド・ゲスト賞(シーキングザパール)
1999年
天皇賞(春・秋)(スペシャルウィーク)
東京優駿(アドマイヤベガ)
アベイ・ド・ロンシャン賞(アグネスワールド)
マイルチャンピオンシップ南部杯(ニホンピロジュピタ)
ジャパンカップ(スペシャルウィーク)
2000年
皐月賞(エアシャカール)
ジュライカップ(アグネスワールド)
菊花賞(エアシャカール)
2001年
NHKマイルカップ(クロフネ)
アベイ・ド・ロンシャン賞(インペリアルビューティ)
エリザベス女王杯(トゥザヴィクトリー)
ジャパンカップダート(クロフネ)
香港ヴァーズ(ステイゴールド)
2002年
東京優駿(タニノギムレット)
ジャパンダートダービー(ゴールドアリュール)
スプリンターズステークス(ビリーヴ)
秋華賞(ファインモーション)
エリザベス女王杯(ファインモーション)
ダービーグランプリ(ゴールドアリュール)
東京大賞典(ゴールドアリュール)
2003年
フェブラリーステークス(ゴールドアリュール)
ジャパンダートダービー(ビッグウルフ)
エリザベス女王杯(アドマイヤグルーヴ)
全日本2歳優駿(アドマイヤホープ)
東京大賞典(スターキングマン)
2004年
桜花賞(ダンスインザムード)
JBCスプリント(マイネルセレクト)
エリザベス女王杯(アドマイヤグルーヴ)
ジャパンカップダート(タイムパラドックス)
2005年
川崎記念(タイムパラドックス)
高松宮記念(アドマイヤマックス)
皐月賞(ディープインパクト)
東京優駿(ディープインパクト)
ジャパンダートダービー(カネヒキリ)
帝王賞(タイムパラドックス)
秋華賞(エアメサイア)
菊花賞(ディープインパクト)
ダービーグランプリ(カネヒキリ)
JBCクラシック(タイムパラドックス)
ジャパンカップダート(カネヒキリ)
2006年
フェブラリーステークス(カネヒキリ)
天皇賞(春)(ディープインパクト)
NHKマイルカップ(ロジック)
宝塚記念(ディープインパクト)
ジャパンカップ(ディープインパクト)
有馬記念(ディープインパクト)
2007年
高松宮記念(スズカフェニックス)
ドバイデューティーフリー(アドマイヤムーン)
天皇賞(秋)(メイショウサムソン)
JBCクラシック*(ヴァーミリアン)
ジャパンカップダート(ヴァーミリアン)
東京大賞典*(ヴァーミリアン)
2008年
フェブラリーステークス(ヴァーミリアン)
天皇賞(秋)(ウオッカ)
JBCクラシック*(ヴァーミリアン)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ総合案内
☆「データ分析特集」 
☆「鉄板軸馬」複勝率 約85%
☆「混戦馬券術」
☆「予想」=「馬券」ではない
☆「2強馬券術」   
☆「馬券の方程式」  
☆「馬券に役立つ資料室」
☆「圧倒的1番人気、攻略データ」
☆「9年間の研究の末にたどり着いた答え」 

「???」今後の公開予定
「???」今後の公開予定
「???」今後の公開予定

超有名サイト
【血統フェスティバル】blog で
私の【データ分析特集】が
紹介されました
↓ ↓ ↓ 
 http://bloodfestival.livedoor.biz/archives/51662447.html  
相互リンク
JRA
プロフィール
HN:
投資家のたまご
性別:
男性
趣味:
競馬、株、テニス
自己紹介:
はじめまして。

都内在住、2児の父。
毎日、仕事に育児に奮闘中。
少ない小遣いを増やすため
競馬研究を続ける日々。

8年間の競馬研究の成果をブログとメルマガで
まとめる予定。

"馬券の本質"とは?


・「的中」=「トータルプラス」ではない
・「予想」=「馬券」ではない
・「馬券」=アイデアである。

「馬券から考える競馬」という発想の転換で
混戦馬券術が生まれ、そして、さらに進化していく。

「予想上手」になるのではなく
「馬券上手」になることを
目指しましょう。
カテゴリー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 3連複って簡単。万馬券も取れるシンプルな方程式。 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]