忍者ブログ
競馬予想をナビゲートします
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

馬券に役立つ「データ分析特集」 NO,2 関東、関西の比較


検証期間 2006,1,5~2008,12,28 (過去3年間)


-------------------------------------------
単勝1番人気 勝率、連対率、複勝率を調べる。
(左から1着、2着、3着、着外)

(3262,1935,1295,3532)

 勝率 32,5%
連対率 51,8%
複勝率 64,8%

これが基本データになります。
-------------------------------------------



では、今日は「関東」と「関西」に分けてみましょう。



---------------------------------------
関東単勝1番人気データ

(左から1着、2着、3着、着外)

(1331.802.572.1518)

 勝率 31.5%
連対率 50.5%
複勝率 64.1%
---------------------------------------

↑ このデータを上の「基本データ」と照らし合わせてみて下さい。

すべての数字が下回っています。



---------------------------------------
では関西では、

関西単勝1番人気データ

(左から1着、2着、3着、着外)

(1928,1132,723,2010)

 勝率 33.3%
連対率 52.8%
複勝率 65.3%
---------------------------------------


すべての数値が上回っています。



つまり、競馬とは、
数字的に見ても、関東が荒れやすく、
関西が堅実ということが基本的な考え方になりますね。



単純に「単勝1番人気」というだけで見ても
これだけ、はっきりとした傾向が出てきます。

これを詳細に分析したら・・・


どんなデータが浮かび上がって来るか
本当に楽しみですね。





競馬でトータルプラスを実現させるためには
まずは情報を収集し、自分の知識を少しでも多くして
「馬券力」を上げていきましょう。


「予想」に時間を使うのもいいですが
競馬で勝つためには、もっと必要な情報はいくらでもあります。

競馬研究の時間に比例して「馬券力」は確実に上がっていきますので
あなたも、予想だけでなく、情報収集や競馬研究にも
時間を使ってみたらいかがでしょうか。

1年後、相当「馬券力」が上がっていると思いますよ。
------------------------------------------------------------------------

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ総合案内
☆「データ分析特集」 
☆「鉄板軸馬」複勝率 約85%
☆「混戦馬券術」
☆「予想」=「馬券」ではない
☆「2強馬券術」   
☆「馬券の方程式」  
☆「馬券に役立つ資料室」
☆「圧倒的1番人気、攻略データ」
☆「9年間の研究の末にたどり着いた答え」 

「???」今後の公開予定
「???」今後の公開予定
「???」今後の公開予定

超有名サイト
【血統フェスティバル】blog で
私の【データ分析特集】が
紹介されました
↓ ↓ ↓ 
 http://bloodfestival.livedoor.biz/archives/51662447.html  
相互リンク
JRA
プロフィール
HN:
投資家のたまご
性別:
男性
趣味:
競馬、株、テニス
自己紹介:
はじめまして。

都内在住、2児の父。
毎日、仕事に育児に奮闘中。
少ない小遣いを増やすため
競馬研究を続ける日々。

8年間の競馬研究の成果をブログとメルマガで
まとめる予定。

"馬券の本質"とは?


・「的中」=「トータルプラス」ではない
・「予想」=「馬券」ではない
・「馬券」=アイデアである。

「馬券から考える競馬」という発想の転換で
混戦馬券術が生まれ、そして、さらに進化していく。

「予想上手」になるのではなく
「馬券上手」になることを
目指しましょう。
カテゴリー
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 3連複って簡単。万馬券も取れるシンプルな方程式。 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]